積木山脈そびえ立つ

山脈土台 積木
ずらっと並べましょう

ただ今、ワークショップの参加者を募集中。
お申し込みは、こちらから。

今回は立方体と二等辺三角柱を使って、山を作る。
それも連なる山脈を。

まず用意するのはコレ。

三角柱を並べる
並んだ並んだ、三角柱

直角二等辺三角柱を、直角の角を上にして並る。

これはただ並べているわけではなくて、裏をテープでつなげてある。

テープで三角柱をつなげる
こんな感じでつなげてあるよ

どうしてかというと、このワニの背中のような凸凹の上に、立方体を並べていくからなのだ。

山脈土台
ずらっと並べましょう

ただ並べただけだと、立方体を乗せた時に、下から崩れちゃうから。
何事も土台が大事ということね。

こんな感じでどんどん並べちゃおう。

立方体が数段積みあがったところ
まだ山というよりノコギリ

僕の使っている WAKU-block45は、すべて白木でできているけど、
それは、子どもたちにできるだけ固定化したイメージを与えないようにするため。

それでも、写真を見てもらえば分かるように、
白木は白木で、意外と表情がある。

モザイクタイルみたいできれいでしょ。

黒っぽいところは木口で、白っぽいところは板目。

こだわれば、模様としても工夫できそう。今回は割愛。

このあたりから、2倍体や3倍体も入れていこう。

2倍体や3倍体も入れる
2倍体や3倍体も入れる

どうしてかは、後程。

どんどん積んでいくと、ようやく山脈っぽくなってきた。

山脈っぽくなってきた
山脈にみえるかな

これで出来上がりでもいいんだけど、
ちょっとここで一工夫。

穴をあけてみよう。

穴をあける
ちょっと見づらいかな
穴から向こうをのぞく
ちゃんと開いてます

規尺のしっかりした積木なら、こういった遊び方もできる。

調子に乗ってバシバシ開けてみる。

穴あき山脈
結構開けても大丈夫

今回は1列だったけど、2列3列と並べて作ると迫力が倍増!

是非お試しあれ。

シェア大歓迎!

コメント

タイトルとURLをコピーしました