森の祭り in 読書の森

積木

10月5日は、小諸市にある「茶房 読書の森」で、「田島征三 森の祭り」があり、

れちとびも「出張 つみきのへや」を出店。

読書の森は、小諸の山間にあり、「控えめに言って、世界一美味しいコーヒー」を出してくれる、超自然派カフェ。

始まり始まりー

そこになんと、名前の通りに絵本作家の田島征三さんご本人が来たのです!

ライブペイントの様子

本の朗読に合わせて絵を描くというライブペイントを実施。

大きな生の絵を見られました。

完成

しかも、「にほんごであそぼ」で歌を歌われている、おおたか静流さんも参加。

朗々と森に響く声

とても贅沢な空間でした。

れちとびは入り口横に、ドドーンと出させてもらうことに。

ブルーシート敷いて、

ベニヤを敷いて、

マットを敷いて、

積木を置いて、

野外イベントは、これがなかなか大変。

でも、積木で遊ぶには、地面をなるべく平らにする必要があるので、こちらも必死です。

どんなところでも、積木があれば、子どもは遊びます。

お客さんの数は多くはなかったけど、積木が好きで、ずっと遊んでいられるといった子どもたちにきてもらえました(^^)

ほとんどの方は、もちろん田島征三さんをお目当てに来ていたのですが、

1組、この、つみきのへやのために、来たと言ってくれる方がいました!

本当に楽しみにしてくれていたみたいで、

昼ごはんを食べる間も惜しんで遊んでくれる子でした。

イベントに来ると、色々見ないともったいない気がしちゃうんだけど、

ここの親御さんが、

「このために来たんだから、やりたいだけここにいればいいよ」

という、なんともステキな言葉をおっしゃっていました。

子どもにとって、自分の思いが認められるって、一番嬉しいことだと思うのです。

僕たち大人はついつい子どもの、行為・行動(doing)を見て評価や批判をしてしまいがちだけど、

心情・感情(being)を受け入れることの方がよっぽど大切なんだと思う。

正に、「れちとび(let it be)」の精神そのもの。

そんなことを感じた、この日一番嬉しかったことでした。

ありがたやー。

玉座のある船
家と家が繋がった
人形と積木の相性は抜群
空中ブランコ

いい作品がたくさんできました。

次回は、9日(水)にエコールみよたで、つみきのへやを開催します。

12日(土)のワークショップにも空きがありますので、ぜひお申込み下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました