ワークショップ コリントゲーム

積木

11月2日は、長野市でワークショップを開催。

会場は、サンマリーンながの。

参加者は以前から参加してくれているリピーターの女の子のAちゃん。

まずは絵本『ころころころ』を読んでから、ママボールで遊ぶ。

活動の導入に

このママボールは、お母さんのおっぱいの柔らかさを基準に作られてて、小さな子が握った時に安心感を得られるようにできているのだ!

みんな大好きボール遊びは、鉄板の導入。転がすだけで盛り上がること間違いなし。

生まれた子どもに1番最初に与えるべき童具です。

このどこへ転がるか分からない感じが、子どもの姿にピッタリ合うと、常々思う。

歳を取ると「角が取れて丸くなった」って言うけど、

「角が立って安定した」っていう方が個人的にはしっくりくるなぁ。

おっと、話が逸れた。

僕と娘とAちゃんの3人で足を開いて座り、ボールが外に転がり出ないようにしての転がしっこ。

こんな単純な遊びだけど、これだけでもう楽しい!

3人でとキャッキャと笑って転がしてた。

ひとしきり遊んだあとは、積木でコリントゲームを作る。

コリントゲームがどんなものかは、掲載の画像を見てね。

大きな板の端に直角二等辺三角柱を並べて、その角に沿うように直方体を敷き詰めていく。

三角柱は両面テープで留める

ポイントは、板の左右と下の辺を両面テープで固定すること。

上は直方体を抜きやすいように留めないようにする。

敷き詰めた直方体の一部を抜くと、別の積木が入れられる。

それがビーズを転がした時に、障害物となるのだ!

いっくよー!
もっと長い動画はインスタで

何度も拾い集めて
ジャ、
ジャ、
ジャー
大きいボールも転がします

たくさん転がすと、とっても爽快。

癖になります。

形の関係性において、最初にくるボール。

ここから全ての形が生まれていきます。

おまけ

会場ではちょうど、ワークショップ市がやっていて、フラワーボールペンが作れました。

ボールペンの飾りを作るワークショップ

可愛い文房具が大好きな娘は、すっかり夢中になり、店員さんに褒められながら作っていました。

店員さんも絶賛の出来栄え

コメント

タイトルとURLをコピーしました