おうちで積木遊び 恐竜博物館

積木

妻と娘が帰省から帰宅した。

ばあちゃんのうちではやりたい放題だった娘は、妻に叱られることもしばしばだったらしく、珍しく僕に甘えてきた。

流石に1週間近くも離れていると、甘え方がダイレクトです。

「帰ったらパパと積木やる!」

と言って、僕が家事をしようとするのも止めに入るほどだった。

家にある恐竜のフィギュアを持ち出して、

「恐竜博物館作ろう」

ということになり、

福井に一度行った時のことを思い出しながら作った。

僕が「ここはこうなってたよね」とか言いながら作っていると、娘も真似をして作る。

入り口正面にティラノサウルスがいて、

回り込むように通路があって、

途中に化石が置いてあって、

途中の門をくぐると階段があって、

そんな感じで作っていく。

なぜか高い所にいるトリケラトプス
娘作

しばらくすると、作ることよりもそこに盛り込むストーリーの方に興味が向いて、ままごとに発展するのがお決まりのパターン。

この辺が僕と娘の楽しみ方の違いで、

僕は作るのが楽しい。

娘はそれを使って、ごっこ遊びをするのが楽しい。

だから、遊びが噛み合わないことも多い。

いや、お前が合わせろよってことなんだけどね。

そうこうしてると、次女がぐずり始めるので、長女の相手はおしまいになった。

その時はあまり気にしなかったけど、

娘はしばらく会えなかった僕と遊びたいから、

僕の好きなものを選ぼうという、彼女なりの気づかいだったんだなぁ。

小さいと思っていた娘は、いつの間にか大きくなっていたようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました